ホーム  > 七宝焼きについて / About Cloisonne

七宝焼きについて / About Cloisonne

七宝について

 七宝は、天保年間に尾張海部郡の梶常吉氏によって技法が発明され、1800年代後半の
 科学の発達により釉薬の改良、工程の改善が行われ、技術的にも巧妙精緻となり、国の
 伝統工芸品として指定を受けるなど、外国の追随を許さない日本特有の工芸品として広く
 ご愛用をいただいております。
 この説明図は基本的な七宝技術を紹介する意味で<有線七宝>の制作工程を示しており
 ますが、七宝の種類としては省胎七宝、透胎七宝、銀彩七宝、エマイユ七宝、レリーフ
 七宝などの技法があり、それぞれ個性的な装飾品実用品が製作されております。

Cloisone process

 Cloisonne (Owari Shippo) was devised by Tsunekichi Kaji (1803-1883) who was
 born in Nagoya. In those days the cloisonne were developed through great strides in
 technology. Since then, we have seen fine luster and the workmanship in cloisonne.
 Today, cloisonne is a recognized japanese traditional craft and has become renowned not
 only in Japan but all over the world. There are many kinds of cloisonne:Shotai Shippo,
 Totai Shippo, Ginsai Shippo, Emayu Shippo, and Relief Shippo,etc.
 The variety of cloisonne techniques are applied to produce numerous types of decorative
 works and useful articles. As an introduction to the basic technique of cloisonne, here is
 the process of Yusen Shippo.

      
製作工程 Production process


もっと詳しく

公式ホームページ、七宝焼きの解説ページに移動します